クラウドサービスとは何か?どんなものかまとめてみました

クラウドサービスはデータの保存ができる

クラウドサービスというのは、インターネット上に存在しているサービスであり、利用者がクラウドサービス内にデータの保存をすることができますよ。このサービスのことをクラウドストレージといい、設定された容量分のデータを保存することが出来るのです。しかも、自宅だけでなく外出先のパソコンからも利用することができ、複数のパソコンのデータをひとまとめにすることができます。これは自宅のパソコンにあるデータを会社のパソコンから取り出すことができるので、資料を持ってくるのを忘れてしまうという自体も起こりません。

クラウドサービスのSaaSについて

クラウドサービスと行っても3つのものが存在しており、それぞれのものでサービス内容が異なっているという特徴がありますよ。たとえばSaaSというものがあり、これはインターネットを使ってグループウェアや電子メールの他財務会計などを機能を提供しているサービスになります。このサービスを使うと無料でソフトウェアを使うことが出来る場合もあるので、非常にお得なサービスになりますよ。これは以前ASPとも呼ばれていたのです。

残り2つのサービスはどんなものか

SaaSのほかにPaaSというサービスもあり、これはインターネット経由でデータベースやアプリケーションサーバなどを実行するプラットフォーム機能を利用者に提供しているものになりますよ。またIaaSというものはデスクトップの仮想化のほかに共有のディスクなどの機能を提供しているサ-ビスであり、これはHssSという名称でも呼ぼれているのです。これを利用すると使いたいOSを選択することができ、クラウド上にサーバーを構成することが出来るのです。

クラウドサービスは利用者の環境に依存することなく、色々なデータのやり取りも行えるので非常に便利だといえます。