ホームページのデザインの好印象を与えるポイントとは?その内容を考察!

ホームページのデザインはある程度決まっている

私達は、多くのホームページを見る事によってある程度デザインから内容を掴む事ができますよね。例えば、華やかな花で飾られた内容は、女性向けの内容で化粧品などを扱っているサイトなどに良く見られるデザインです。このデザインに対して、弁護士事務所や、男性向けのスポーツ用品などを扱えば違和感を感じてしまう事もあります。デザインは、人々の記憶にある既在の知識よりも離れすぎない内容が望ましく、ある程度決められた枠の中でデザインを考える事が重要と言えるでしょう。

デザインはコンテンツを引き立てる内容で

Webデザイナーの中には、自分の力量を表に出したくなりコンテツよりもデザインが際立つ内容で行ってしまう人もいますよ。ホームページの姿を記憶に強く残す事が可能になりますが、一番重要であるコンテツに対する記憶が薄れてしまう可能性がありますよね。デザインは、コンテンツを支える内容が望ましく、特に彩度と明度が高い色彩はコンテツよりも際立ってしまう可能性があるため注意が必要ですよ。ネット上には、コンテツを上手く引き立てているサイトも多くあるため、それらを参考にする事も重要です。

人が集まる様に見せるテクニック

どれだけデザインが良くても、アクセス数の少ないホームページは暗闇の隅に小さな輝きを照らす灯火の様に映ってしまう事もありますよ。小さな姿を打ち消すためには、大きな姿で表現を行って行く事が重要です。従来の考え方はファーストビューと呼ばれる上部にコンテツを集める手法が流行っていた時代もあります。このデザインの狙いは、多くのコンテツを直ぐに見せる事によって、興味のある内容を一つでも多く見てもらい離脱率を下げる効果を狙った物です。ただし、ホームページ全体が小さくなり、現在では小さな内容として見られてしまう事もありますよ。現在は、ランディングページと呼ばれる広告からのページに対して長く大きく作る手法が流行っていますが、この手法は広告からのページ以外にも効果が期待できる物であり、多少、従来よりも少し縦長にデザインする事がポイントの一つになりますよ。

レスポンシブデザインを導入することで、昨今増えつつある様々な端末にホームページを対応させることが可能になります。